大企業ビジネスマンの MBA と はた楽ライフハック術

某大手IT企業で働く30代前半のポートフォリオワーカーです。 圧倒的成果を出しながら超自由に働く。 大企業・ベンチャーで通用する「ライフハック術」や「仕事術」を発信しています。 4月から大学院(MBA)にも進学するため、MBA関連の情報も発信します。

子連れ超おススメ国内旅行記 ~神奈川県 箱根 彫刻の森美術館~

 f:id:Changine:20190405115824j:plain
 
今回、紹介するのは、神奈川県「箱根」 です!
 
 
箱根の中でも、今回触れるのは、箱根観光の玄関口として有名な食べ歩き兼観光スポットとなっている箱根湯本駅・・・ではなく、「彫刻の森美術館」です。笑
 
 
「美術館なんて、子連れで行って楽しめるのか??」と疑問に思うかもしれません。
(私も行く前はそうでした。)
 
 
しかし、実際に行ってみたら、超楽しかった・・・笑
 
 
予想以上に、子供も大喜びで遊べ、親から見てもすごく楽しめたので、今回、おススメポイントを紹介させて頂きます!
 
 

時期

時期的には、ついこの間(3月下旬)、3歳の子供を連れて、行ってきました。
 
 
箱根は、ちょうど桜が咲き始めていて、季節的には非常に良かったです。
 
 
一部ではありますが、葉桜化が始まっているところもチラホラありましたが、逆にこれから咲きそうな桜もたくさんあったので、箱根の桜はまだまだこれからが見頃でしょう。
 
 
平日の金曜日 に仕事を休みを取って車で行ってきたのですが、平日にも関わらず、箱根湯本駅近辺はすごく混んでました
 
 
よくよく考えたら、平日とはいえ、世間的には「春休み」でしたね。笑
 
 
箱根の街は、すごく賑わっていました。
 
 

「彫刻の森美術館」は、子供が楽しめるスポットなのか?

 ここからは、本記事のメインテーマである、[彫刻の森美術館」について触れていきます。
 
 
「彫刻」・「美術館」というと、なかなか子供には興味が湧かないのでつまらない?イメージがありますが、それはその通りかも知れません。笑
 
 
ご多聞に漏れず、「彫刻の森美術館」には、得体の知れない彫刻作品が大量に展示されています。
 
 
例えば・・・こういうのとか・・・

f:id:Changine:20190405122035j:plain

 

 

こういうのとか・・・

f:id:Changine:20190405122102j:plain 

 

 

こういうのとか・・・

f:id:Changine:20190405121824j:plain

 

 

こういうのです!笑

f:id:Changine:20190405121953j:plain

 

この辺りは、最初の方は、息子も「変なの~!」と言って見てましたが、すぐに興味を失いましたw

しかし、彫刻の森美術館のおススメ スポットはここではありませんので、ご安心下さい。笑

 

 

 「彫刻の森美術館」のおススメ スポット

 
ここから、子供が大喜びしていたスポットを3つ紹介していきます。
 
 

 おススメ度 No1 「しゃぼん玉のお城」

 上に挙げた、得体の知れない彫刻ゾーンを抜けていくと、それはあります。
 
 

f:id:Changine:20190405123646j:plain

 
しゃぼん玉のお城!
 
 
この中に、入って遊べます。
 
 
こんな感じで、透明なしゃぼん玉(に見立てた)遊具の中を、たくさんの子供たちが、文字通り「縦横無尽」に、夢中になって遊んでいました。
↓↓↓

f:id:Changine:20190405123823j:plain

 
 
遊べるのは「小学生まで」なので、要注意です!
 
 
大人は基本的に中に入ってはいけません。
 
 
一人、とあるパパが子供と一緒に中に入って遊んでましたが、周囲のパパママからそれはもう冷ややかな視線を浴びていました。笑
 
 
 
また、一見すると、一つの巨大な「しゃぼん玉のお城」に見えますが、実は中央に仕切りがあって、「小さい子用」と「6歳以上の子用」という形で、物理的に遊ぶスペースが2つに分かれています。
(作りは一緒です)
 
 
ですので、この狭い空間の中で、運動能力に勝る大きいお兄ちゃん・お姉ちゃんたちに、幼い可愛い我が子がもみくちゃにされる心配は低減されています。笑
 
 
この点も◎なポイントです。
 
 
一方で、野ざらし・風さらしになっているので、冬は結構寒いです。笑
 
 
ですので、しっかりと防寒対策をしてあげた方が良いです。
 
 
逆に、夏場は直射日光は当たるわ、反射して日差しもより強くなるわで、しゃぼん玉のお城の中は蒸し風呂状態になるかもしれませんね^^;
 
 
 
一つアドバイスとしては、しゃぼん玉のお城の中は、傾斜がついている所だったり、高い所を越えていきながら遊びます。
 
 
そのため、小さな子供だと、まだ一足飛びに越えていく力がないので、少しずつよじよじと登っていくのですが、靴や靴下のままだとかなり滑ります。
 
 
そして、滑って、登れず、泣き出します。笑
 
 
なので、うちの子は裸足で遊ばせました。
 
 
回りの子たちも、結構、裸足で遊んでいる子も多かったと思います。
 
 
冬場は、いぼつき靴下(滑り止めがついてる靴下)があると防寒対策にもなっていいかもですね。
 
 
 

おススメ度 No2 「ネットの森」

 しゃぼん玉のお城の〝包囲網(楽しくて子供がなかなか離れてくれない)〟を抜けて奥に進んでいくと、それはあります。
 
 
大きなキャンプファイヤーみたいな建造物。そう、「ネットの森」です。
 

f:id:Changine:20190406063354j:plain

 

 

外からだと、一体なの遊具なのかわかりづらいですが、中に入ると、カラフルなネットが張られた遊具が姿を見せます。

↓↓↓ 

f:id:Changine:20190406063431j:plain

 
 
結構、圧巻です。
 
 
丸い穴が開いている所から、中に侵入していけます。また、玉みたいなのがぶら下がっていますが、それにぶら下がることもできます。
↓↓↓ 

f:id:Changine:20190406063455j:plain

 

 

ネットの中に侵入していくと、こういった感じになっているみたいです。

(大人は入れないので、ネット上から拝借しました。)

↓↓↓ 

f:id:Changine:20190405115824j:plain

 
 
基本的には、大人が中に入って助けに行けないので、あまりに幼過ぎると、奥まで登っていけなかったり、入ったはいいが出てこれなくなるので、若干注意が必要かもですね。
 
 
まぁ、最悪の場合、大人は入っちゃだめだとしても当然助けに行きますが、うちの3歳の子供は、一人で中に入って楽しんでましたw
 
 
 

おススメ度 No3 「幸せをよぶシンフォニー彫刻

更に奥に進んでいくと、↓ような塔がそびえ立っています。
 

f:id:Changine:20190407071458j:plain

 
 
中に入ると、らせん階段があって、頂上までつながっています。
 
 
周りは、きれいなステンドグラスでできています。
↓↓↓

f:id:Changine:20190406063926j:plain

 

 

頂上まで行くとこんな感じです。

↓↓↓ 

f:id:Changine:20190407071805j:plain

 
遊具ではなく、ステンドグラスを楽しみながららせん階段を頂上まで登っていけると建造物とお考え下さい。
 

正直それだけです。笑
 
 
でも、なぜか、うちの子供は喜んでいました。
(階段を自分で登って行くのが楽しかったみたいです)
 
 
 

おまけ(番外編) 鯉のえさやりスポット

地味に楽しかったスポットとしては、池に泳いでいる鯉にえさをあげられるスポットがあります。笑
 

f:id:Changine:20190407072145j:plain

 

 

こんな感じの立派な鯉がたくさん泳いでいます。 
↓↓↓ 

f:id:Changine:20190407072230j:plain

 

 

鯉のえさは、池の近くで小さなカップ1つにつき、50円で買えます。

↓↓↓

f:id:Changine:20190407072848j:plain

 

 

小さい子供で、餌あげは出来ますし、鯉のえさやりでも、生き物と触れられるのはいいですね~。

 

 

すごく地味ですがおススメです。笑

 

 

 

以上、彫刻の森美術館のおススメ スポットでした!

 

  

料金

入場チケットの値段は


● 大人 1,600円
● 大学生・高校生 1,200円
● 中学生・小学生 700円

です。


こちらのサイト100円の割引券 が掲載されているので、印刷して持っていくと良いです。

 

 

まとめ

彫刻の森美術館いかがでしたでしょうか?
 
 

子供もくたくたになるまで遊べるアトラクションがたくさんあります。

 

 

また、実際には、本当に色んな彫刻物・建造物があり、まじめに見るとそれはそれで楽しめます。

 
 
 ※詳しくは、彫刻の森美術館ホームページをご覧ください。
 
 
是非、本記事が子連れ旅行の参考になれば幸いです。